ケアハウスとは

ケアハウス(別称:軽費老人ホームC型)とは

就活ケアハウス求人2画像

ケアハウス(別称:軽費老人ホームC型)とは、

社会福祉法人や地方自治体、民間事業者などによって運営される福祉施設で、 「一般(自立)型」では主に自立した独立生活に対する不安のある高齢者を、 「介護(特定施設)型」では主に軽度から重度の要介護状態の高齢者を受け入れています。

ケアハウスは、身寄りがない、または家庭環境や経済状況などの理由により家族との同居が困難な高齢者が、 自治体の助成を受けて有料老人ホームよりも比較的低い費用で利用できる施設です。

ケアハウスの特徴

就活ケアハウス求人3画像

1990年に新設された施設で、「軽費老人ホーム(C型)」と称されることもあります。

全室が個室、施設内はバリアフリーの構造で車イスをご使用の方にも対応しています。

基本的には、食事を提供することを主なサービスとしており、1日3食、高齢者に適した献立を提供します。

軽費老人ホームA型・B型との違い

就活ケアハウス求人4画像

食事の提供があることから、システムについては「軽費老人ホーム(A型)」とほぼ同じです。

違いとしては、「軽費老人ホーム(A型)」、「軽費老人ホーム(B型)」では入居一時金や家賃の必要が無いのに対して、「ケアハウス」ではそれらが必要となります。

ある程度経済力が無ければ入居は難しいですが、所得による入居制限が無いことが魅力です。

ケアハウスの入居条件

就活ケアハウス求人6画像

「ケアハウス」の入居条件は、所得制限を除き、「軽費老人ホーム(A型)」、「軽費老人ホーム(B型)」と同じです。

60歳以上の個人、または夫婦どちらか一方が60歳以上で、家庭や家族の事情で、自宅で生活できない方が対象となります。

入居後に介護が必要となった場合には、在宅と同様に個人で居宅介護支援事業者と契約し訪問介護を受けることができますが、 認知症を患うなど、他の入居者様との共同生活に支障が出る場合には、転居しなければならない場合があります。

ケアハウスの費用

就活ケアハウス求人6画像

ケアハウスでは、入居一時金や家賃の支払いが必要となります。

支払い方法としては、入居一時金として数年分(例えば20年分)を一括納付する場合、月々の分納で支払う場合があります。

入居一時金は、1,000万円を超えるケースもあるようです。

この入居一時金や家賃に加え、「軽費老人ホーム(A型)」、「軽費老人ホーム(B型)」と同様に別途生活費や事務費の支払が必要となります。

生活費や事務費については、例えば年間所得が150万円以下の場合、月額費用は全体として5万円前後となります。

「介護付ケアハウス」も誕生

就活ケアハウス求人6画像

「ケアハウス」は、もともとは自立した生活が送れる方を対象としていましたが、 介護保険が導入されたことにより、要介護1以上の認定を受けた方も入居できる「介護型ケアハウス」も誕生しました。

「介護型ケアハウス」は、要介護者3人に対して介護職員を1人配置する必要がある特別養護老人ホームと同じレベルの介護サービスが受けられるため人気ですが、 まだ入居希望者の数に対して介護職員の数が少ないのが現状です。

最近の「ケアハウス」の動向

就活ケアハウス求人6画像

最近の「ケアハウス」では、居室にトイレやミニキッチンが設置され、共用設備には食堂や浴室、トイレ、レクリエーション設備など、 入居者様の生活の豊かさを考えた施設もあります。

2010年4月には、「都市型軽費老人ホーム」の設備・運営基準の法改正があり、施設の定員が20名以下に限定されると共に、 必要とする居室面積も現行の21.6平方メートルから7.43平方メートルに引き下げられました。

これにより、より多くの軽費老人ホームが誕生することが見込まれています。

求人情報からは介護施設の雰囲気までは分からない!

残念ながら、あたながどれだけ意欲を持っていても、法人や施設・事業所の理念や運営の在り方に不満があれば、働き甲斐は感じられません。あなたの能力も発揮しにくくなります。

ハローワークの求人情報から、どれだけの内容が分かるでしょうか。
あなたの希望条件が、スタッフの人柄、施設の雰囲気、施設長がスタッフをどれだけ大事にしているか、などなら、求人情報から読み取ることができません。
唯一、面接をするときのわずかな時間でのみ、わずかな情報を入手できます。
ですが、面接の前に知っておきたいですよね。

今は求人情報は、アルバイトサイトや転職サイトにたくさん掲載されています。そこで自分で検索しても、やはり施設の雰囲気を読み取るのは難しいです。
そんな時は、介護業界で長年転職やパート・アルバイトのサポートをしている、パート勤務のプロに相談してみるのが一番早く、適切な情報が入ってきます。また、求人情報だけでなく、面接の指導や、就職後のフォローまでしてくれます。

パート求人に強い、おすすめサポート

「初めてで、正直ちょっと不安・・・」という方へ


介護職専門の求人サイトでは、全国の病院や介護施設の採用担当者と継続的かつ、密に情報交換をしています。 また、ただ情報を蓄えるだけでなく、定期的に現場に足を運び、そこで実際に働いている介護職員さんから生の現場の情報を集めています。

そのため、インターネットや雑誌に掲載されている求人情報からは分からない、中身の濃い情報を事前に確認したうえで、応募するかどうかの判断ができます。
だからこそ、後悔のない、納得の転職が実現できるのです!

ただ求人を紹介するだけでなく、転職のプロとして、面接対策から給与・待遇面での条件交渉、円満退社の為のフォロー、転職後のアフターサポートまで、あなたの大切な転職を二人三脚でバックアップしてくれます。




今すぐに転職をしたい訳ではない・・という方も登録だけでも大丈夫です。まずは情報収集だけでもどうぞ。


紹介した求人に実際に応募するか否かは求職者さまのご判断となります。 そのため、必ず応募しなければいけないということはありませんのでご安心下さい。


「面接が苦手なので面接対策などをしてほしい・・」という方へ
面接が決まりましたら、「転職成功の秘訣」レポートを皆さんに贈呈しております。また、専任コンサルタントとの面談では、面接対策についてのご相談も承っています。遠方で、面談が難しい求職者さまには、お電話によるサポートも行っておりますので、面接対策はメドフィットへお任せ下さい。
転職サポートのお申込みから、転職成功まで一切料金はかかりません。


ハローワークの求人4万件 と 介護ジョブ限定求人2万件をまとめて探せます!
雇用形態(正社員・パート) × 資格 × 住んでいる地域 など、細かく検索できて、希望条件に合う求人情報が検索しやすい!

求人情報は、ハローワークなどの紙媒体に比べ、充実した内容を掲載しています。
転職先を決めるにあたって、給与や勤務条件などの表面的な要素のみならず、 その職場で働くスタッフの声や、実際の職場風景写真など様々な要素を元に検討出来ます。


介護施設の種類と特徴

介護施設の種類と特徴

デイサービス
自宅で生活をしながら、介護を受けている人に対し、 日中の一時的なケアを提供する場所。介護スタッフによる送迎サービスのある施設がほとんど。

【特徴】夜勤がない。日曜日が休みの施設が多い。レクレーション中心、機能訓練中心など、施設により特徴がある。

特別養護老人ホーム
身体や精神に障がいがあるなどし、家庭での介護が難しい人(65歳以上の要介護者)を長期的視野で介護提供する場所。

【特徴】医師、看護師が常勤しているため、医療的な不安がない。介護度の高い方が多いため、技術が高まる長期的なケア提供が可能。

グループホーム
認知症対応型共同生活介護事業所。要介護度1以上で、認知症状があるものの、自分の身の回りのことは自分で出来るという高齢者が地域社会の中で共同生活を行う場所。
スタッフは、積極的な介護提供を行うというよりは苦手なことや出来ないことを助ける黒子的役割。

【特徴】少人数制(1ユニット9人以下)のため、変化に気付きやすい。施設でありながら、家庭的な雰囲気である。提供する介護ではなく、共に行う介護を学べる(家事支援も必須)。

有料老人ホーム
主に60歳以上の自立高齢者が生活をする住居。 民間企業が最も多く参入しており、中にはホテル並みの接遇でサービスを行うホームもある。入居条件や部屋タイプなどは、施設により大きく異なる。

【特徴】同僚のケアを学べる。昇給昇格、キャリアプランなどが分かりやすく体系化されている場合が多く、将来的なビジョンを描きやすい。

ショートステイ
短期入所生活介護。自宅で生活をしながら、介護を受けている人に対し、 一時的な宿泊サービス提供する場所。

【特徴】様々な状態の利用者に接することが出来る。介護の高い方は、比較的少ない。

サービス付き高齢者向け住宅
一般賃貸住宅の内、主に60歳以上の自立高齢者の入居を主とする住宅。一般住宅のため、入居条件等は物件により異なる。極めて一般的な個宅式のものから、キッチンやリビング、浴室を共有部にも設けたものなどさまざま。

【特徴】訪問宅が同一建物内のため、移動にデメリットがない。在宅でも、同僚が近くにいるから安心。

老人保健施設
入院の必要がなくなった、マヒやけがの症状が安定した高齢者(65歳以上の要介護者)が自宅復帰する前に、短~中期的にケアする場所。
※3カ月、6カ月の単位で入所する施設。自宅に戻ることが前提。

【特徴】機能回復を目指した介護を行うため、快復(もしくは維持)への変化が実感できる。多くの職種のスタッフがいるため、ケアへの多様なアプローチが学べる。

小規模多機能施設
自宅で生活をしながら、介護を受けている人に対し、日中の一時的なケアを提供する場所。介護スタッフによる送迎サービスのある施設がほとんど。

【特徴】在宅サービスでありながら24時間の状態把握が可能。訪問看護、訪問リハなどとの組み合わせが可能となり、ケアの知識の幅が広がる。

訪問介護
自宅で生活をしながら、介護を受けている人のご自宅に訪問し、その家庭のやり方にそった介護提供を行うサービス。
※サービス提供は、原則ヘルパー1名で行う。

【特徴】一対一で介護が出来る。自宅近くで土地勘を活かしながら働ける。のびのび働ける。時間単位で動ける。

訪問入浴
ご家庭の浴槽で入浴することが困難な方のご自宅に、専用の浴槽を積んだ入浴車で訪問して入浴を行うサービス。高齢者に限らず、重度障がい者へのサービス提供もある。

ケアハウス
助成制度が利用できるため、低所得者の比較的費用負担が少なく、60歳以上の高齢者が、食事や洗濯などの生活介護を受けられる施設。


このページの先頭へ