ケアハウスとは

ケアハウス(別称:軽費老人ホームC型)とは

就活ケアハウス求人2画像

ケアハウス(別称:軽費老人ホームC型)とは、

社会福祉法人や地方自治体、民間事業者などによって運営される福祉施設で、 「一般(自立)型」では主に自立した独立生活に対する不安のある高齢者を、 「介護(特定施設)型」では主に軽度から重度の要介護状態の高齢者を受け入れています。

ケアハウスは、身寄りがない、または家庭環境や経済状況などの理由により家族との同居が困難な高齢者が、 自治体の助成を受けて有料老人ホームよりも比較的低い費用で利用できる施設です。

ケアハウスの特徴

就活ケアハウス求人3画像

1990年に新設された施設で、「軽費老人ホーム(C型)」と称されることもあります。

全室が個室、施設内はバリアフリーの構造で車イスをご使用の方にも対応しています。

基本的には、食事を提供することを主なサービスとしており、1日3食、高齢者に適した献立を提供します。

軽費老人ホームA型・B型との違い

就活ケアハウス求人4画像

食事の提供があることから、システムについては「軽費老人ホーム(A型)」とほぼ同じです。

違いとしては、「軽費老人ホーム(A型)」、「軽費老人ホーム(B型)」では入居一時金や家賃の必要が無いのに対して、「ケアハウス」ではそれらが必要となります。

ある程度経済力が無ければ入居は難しいですが、所得による入居制限が無いことが魅力です。

ケアハウスの入居条件

就活ケアハウス求人6画像

「ケアハウス」の入居条件は、所得制限を除き、「軽費老人ホーム(A型)」、「軽費老人ホーム(B型)」と同じです。

60歳以上の個人、または夫婦どちらか一方が60歳以上で、家庭や家族の事情で、自宅で生活できない方が対象となります。

入居後に介護が必要となった場合には、在宅と同様に個人で居宅介護支援事業者と契約し訪問介護を受けることができますが、 認知症を患うなど、他の入居者様との共同生活に支障が出る場合には、転居しなければならない場合があります。

ケアハウスの費用

就活ケアハウス求人6画像

ケアハウスでは、入居一時金や家賃の支払いが必要となります。

支払い方法としては、入居一時金として数年分(例えば20年分)を一括納付する場合、月々の分納で支払う場合があります。

入居一時金は、1,000万円を超えるケースもあるようです。

この入居一時金や家賃に加え、「軽費老人ホーム(A型)」、「軽費老人ホーム(B型)」と同様に別途生活費や事務費の支払が必要となります。

生活費や事務費については、例えば年間所得が150万円以下の場合、月額費用は全体として5万円前後となります。

「介護付ケアハウス」も誕生

就活ケアハウス求人6画像

「ケアハウス」は、もともとは自立した生活が送れる方を対象としていましたが、 介護保険が導入されたことにより、要介護1以上の認定を受けた方も入居できる「介護型ケアハウス」も誕生しました。

「介護型ケアハウス」は、要介護者3人に対して介護職員を1人配置する必要がある特別養護老人ホームと同じレベルの介護サービスが受けられるため人気ですが、 まだ入居希望者の数に対して介護職員の数が少ないのが現状です。

最近の「ケアハウス」の動向

就活ケアハウス求人6画像

最近の「ケアハウス」では、居室にトイレやミニキッチンが設置され、共用設備には食堂や浴室、トイレ、レクリエーション設備など、 入居者様の生活の豊かさを考えた施設もあります。

2010年4月には、「都市型軽費老人ホーム」の設備・運営基準の法改正があり、施設の定員が20名以下に限定されると共に、 必要とする居室面積も現行の21.6平方メートルから7.43平方メートルに引き下げられました。

これにより、より多くの軽費老人ホームが誕生することが見込まれています。

転職サイト登録で希望する求人情報

年々高齢化が進み2025年には4人に1人が75歳以上という超高齢化社会になると言われている日本。

お年寄りのお世話をする介護や福祉の仕事への需要は高まる一方です。

求人情報を見てみると介護士求人はたくさん出ています。

有料老人ホームやケアホームなど介護士の仕事を探すのは難しくはありません。

しかし、せっかく働くのならば安定感のある介護施設の求人を探したいという方も多いです。

市町村が運営している特養ホームや福祉施設の求人情報は介護士求人を専門に扱う転職サイトにも掲載されていますので登録してみるのが得策です。

安定していて退職する人が少ないのが市町村の施設です。

そんな中でも求人が出る場合もありますので日頃から転職サイトに登録をして希望する求人情報が出たらすぐに連絡がもらえるようにしておくと良いでしょう。

自分にはどの介護の仕事が向いている?

未経験から介護業界で働きたいと思った時、最初に考えるのが「自分に合った仕事探し」ではないでしょうか。


介護と一口に言っても幅広いですし、どの仕事があなたに合っているかは分かりません。しかし職場に関する情報収集を積極的に行えば、興味を持てる仕事が出てきますよね。そのような仕事をいくつか候補にするだけでも、介護士パート求人探しも変わってくると思います。


「何となく介護士パートが出来ればいいか…」と何も考えずに仕事探しを行った場合、職場の知識なく入職することになりますから、結果的に「自分には合わない仕事だった」となてしまうリスクが高くなります。


もともと介護職は離職率が高いというデータもありますので、自分に向いているかどうか? は大切に考えて職探しをしたほうか゜いいと思います。


基本的な条件は共通していても、訪問介護、施設介護、通所介護それぞれに特徴がありますので、まずはこのページで情報収集して下さいね。


介護の仕事の特徴

まず訪問介護ですが、訪問介護ステーションに勤務して働くことになります。

介護が必要な利用者宅へ伺っての介護サービスですね。正社員は夜間勤務(オンコール呼び出し)が入ることもありますが、介護パートは日勤メインで働きやすいですよ。

訪問件数があらかじめ決まっているケースが多く、計画的に仕事がしやすいというメリットもありますね。

次に施設介護ですが、有料老人ホームや特別養護老人ホーム、介護老人保健施設、サービス付き高齢者向け住宅、ケアハウス、グループホームなどがあります。

また有料老人ホームにも種類があり、住宅型もあれば健康型、介護型もありますね。

施設によって提供するサービスは異なりますが、共通しているのは入浴介助や食事介助です。中には排泄介助を行っている施設もあります。

健康型や生活型の有料老人ホームよりも、介護型有料老人ホーム、特別養護老人ホームの方が排泄介助は多いかもしれません。

他にも、認知症の高齢者が利用する施設なら、徘徊しないように注意する必要があるでしょう。

訪問型よりも夜間勤務が多いと言われる介護施設ですが、やはり介護パートは日勤のみで働きやすいと思います。(詳細は介護求人サイトで確認して下さい)

最後に通所介護ですが、デイサービスやデイケアになりますね。

特にデイサービスの求人募集が多いようですが、デイサービスは比較的元気な高齢者が多いですし、文字通りデイ(日中)のサービス施設になりますので、介護パートでも働きやすいです。

ミニゲームをしたり、歌を歌ったり、外出できる高齢者を連れて近所の喫茶店に行ったり、公園に行くこともあります。利用者ごとに日誌を書いて、家族へメッセージを記すこともあります。

ただしメインサービスとして入浴介助を提供しているデイサービス、デイケアも多いので、体力勝負の仕事と言えるかもしれません。

その他、各介護の詳細に関しては、介護人材紹介会社に確認して下さいね。人材紹介会社は無料で登録できますし、あなたに合った介護の仕事を紹介してもらえる可能性が高いのでおすすめです。

このページの先頭へ