ケアハウスとは

ケアハウス(別称:軽費老人ホームC型)とは

就活ケアハウス求人2画像

ケアハウス(別称:軽費老人ホームC型)とは、

社会福祉法人や地方自治体、民間事業者などによって運営される福祉施設で、 「一般(自立)型」では主に自立した独立生活に対する不安のある高齢者を、 「介護(特定施設)型」では主に軽度から重度の要介護状態の高齢者を受け入れています。

ケアハウスは、身寄りがない、または家庭環境や経済状況などの理由により家族との同居が困難な高齢者が、 自治体の助成を受けて有料老人ホームよりも比較的低い費用で利用できる施設です。

ケアハウスの特徴

就活ケアハウス求人3画像

1990年に新設された施設で、「軽費老人ホーム(C型)」と称されることもあります。

全室が個室、施設内はバリアフリーの構造で車イスをご使用の方にも対応しています。

基本的には、食事を提供することを主なサービスとしており、1日3食、高齢者に適した献立を提供します。

軽費老人ホームA型・B型との違い

就活ケアハウス求人4画像

食事の提供があることから、システムについては「軽費老人ホーム(A型)」とほぼ同じです。

違いとしては、「軽費老人ホーム(A型)」、「軽費老人ホーム(B型)」では入居一時金や家賃の必要が無いのに対して、「ケアハウス」ではそれらが必要となります。

ある程度経済力が無ければ入居は難しいですが、所得による入居制限が無いことが魅力です。

ケアハウスの入居条件

就活ケアハウス求人6画像

「ケアハウス」の入居条件は、所得制限を除き、「軽費老人ホーム(A型)」、「軽費老人ホーム(B型)」と同じです。

60歳以上の個人、または夫婦どちらか一方が60歳以上で、家庭や家族の事情で、自宅で生活できない方が対象となります。

入居後に介護が必要となった場合には、在宅と同様に個人で居宅介護支援事業者と契約し訪問介護を受けることができますが、 認知症を患うなど、他の入居者様との共同生活に支障が出る場合には、転居しなければならない場合があります。

ケアハウスの費用

就活ケアハウス求人6画像

ケアハウスでは、入居一時金や家賃の支払いが必要となります。

支払い方法としては、入居一時金として数年分(例えば20年分)を一括納付する場合、月々の分納で支払う場合があります。

入居一時金は、1,000万円を超えるケースもあるようです。

この入居一時金や家賃に加え、「軽費老人ホーム(A型)」、「軽費老人ホーム(B型)」と同様に別途生活費や事務費の支払が必要となります。

生活費や事務費については、例えば年間所得が150万円以下の場合、月額費用は全体として5万円前後となります。

「介護付ケアハウス」も誕生

就活ケアハウス求人6画像

「ケアハウス」は、もともとは自立した生活が送れる方を対象としていましたが、 介護保険が導入されたことにより、要介護1以上の認定を受けた方も入居できる「介護型ケアハウス」も誕生しました。

「介護型ケアハウス」は、要介護者3人に対して介護職員を1人配置する必要がある特別養護老人ホームと同じレベルの介護サービスが受けられるため人気ですが、 まだ入居希望者の数に対して介護職員の数が少ないのが現状です。

最近の「ケアハウス」の動向

就活ケアハウス求人6画像

最近の「ケアハウス」では、居室にトイレやミニキッチンが設置され、共用設備には食堂や浴室、トイレ、レクリエーション設備など、 入居者様の生活の豊かさを考えた施設もあります。

2010年4月には、「都市型軽費老人ホーム」の設備・運営基準の法改正があり、施設の定員が20名以下に限定されると共に、 必要とする居室面積も現行の21.6平方メートルから7.43平方メートルに引き下げられました。

これにより、より多くの軽費老人ホームが誕生することが見込まれています。

介護施設の職場とは?

【特養】介護老人福祉施設 特別養護老人ホーム

【特養】の略称で知られる施設の正式名称は「介護老人福祉施設 特別養護老人ホーム」です。

身体や精神に障がいがあるなどし、家庭での介護が難しい人(65歳以上の要介護者)を長期的視野で介護提供する場所です。

<特徴>
・医師、看護師が常勤しているため、医療的な不安がない
・介護度の高い方が多いため、技術が高まる
・長期的なケア提供が可能

【老健】介護老人保健施設

入院の必要がなくなった、 マヒやけがの症状が安定した高齢者(65歳以上の要介護者)が自宅復帰する前に、 短~中期的にケアする場所。
※3カ月、6カ月の単位で入所する施設。自宅に戻ることが前提です。

<特徴>
・機能回復を目指した介護を行う
・快復(もしくは維持)への変化が実感できる
・多くの職種のスタッフがいるため、ケアへの多様なアプローチが学べる

【グループホーム】認知症対応型共同生活介護事業所

【グループホーム】の略称で知られる施設の正式名称は「認知症対応型共同生活介護事業所」です。

要介護度1以上で、認知症状があるものの、 自分の身の回りのことは自分で出来るという高齢者が地域社会の中で共同生活を行う場所。
スタッフは、積極的な介護提供を行うというよりは苦手なことや出来ないことを助ける黒子的役割。

<特徴>
・少人数制(1ユニット9人以下)のため、変化に気付きやすい
・施設でありながら、家庭的な雰囲気である
・提供する介護ではなく、共に行う介護を学べる(家事支援も必須)

【ケアハウス】介護利用型軽費老人ホーム

【ケアハウス】の略称で知られる施設の正式名称は「介護利用型軽費老人ホーム」です。

自立はしているものの、自炊不可能なほど、身体機能低下がある60歳以上の高齢者で、 独居に不安があるが、家族の援助が困難な方が生活する場所。
他の施設に比べ安価で入居できるため所得制限などがあります。
※共同生活の場であるため、認知症などの症状がみられると退去となる場合もあります。

【ケアホーム】障がい者共同生活介護事業所

【ケアホーム】で知られる施設の正式名称は「障がい者共同生活介護事業所」です。

身体や精神に障がいがあるなどし、家庭での介護が難しい人(65歳以上の要介護者)を長期的視野で介護提供する場所です。

【老人ホーム】介護付き有料老人ホーム

【老人ホーム】で知られる施設の正式名称は「介護付き有料老人ホーム」です。

主に60歳以上の自立高齢者が生活をする住居。
民間企業が最も多く参入しており、中にはホテル並みの接遇でサービスを行うホームもあります。
入居条件や部屋タイプなどは、施設により大きく異なります。

【サービス付き住宅】サービス付き高齢者向け住宅

【サービス付き住宅】の正式名称は「サービス付き高齢者向け住宅」です。

一般賃貸住宅の内、主に60歳以上の自立高齢者の入居を主とする住宅。 一般住宅のため、入居条件等は物件により異なります
極めて一般的な個宅式のものから、キッチンやリビング、浴室を共有部にも設けたものなどさまざま。
※介護提供は訪問介護として行います。

【ホームヘルプ】訪問介護サービス

【ホームヘルプ】の正式名称は「訪問介護サービス」です。

自宅で生活をしながら、介護を受けている人のご自宅に訪問し、 その家庭のやり方にそった介護提供を行うサービス。
※サービス提供は、原則ヘルパー1名で行います。

【ショートステイ】短期入所生活介護

【ショートステイ】の正式名称は「短期入所生活介護」です。

自宅で生活をしながら、介護を受けている人に対し、一時的な宿泊サービス提供する場所。

【デイ】デイサービス 通所介護事業所

【デイ】の正式名称は「デイサービス 通所介護事業所」です。

自宅で生活をしながら、介護を受けている人に対し、 日中の一時的なケアを提供する場所。
介護スタッフによる送迎サービスのある施設がほとんどです。

【地域密着型サービス・小規模】小規模多機能型居宅介護

【地域密着型サービス】の正式名称は「小規模多機能型居宅介護」です。

自宅で生活をしながら介護を受けている人に対し、在宅・通所・宿泊を一体化して提供する場所。

短期で働ける介護士パート

単発・短期・派遣と広がる介護士の働き方

短期や単発の仕事は、全職種問わずに働く期間が定められている働き方です。

・単発・・・・勤務日数が10日以内
・短期・・・・勤務日数が11日~3ヶ月未満

という求人が一般的とされています。

またこれらの仕事を効率良く探すには、派遣社員として働いているという方が多いのも特徴です。

仕事を探す場合は、その業界に特化した専門サイトで探す方がいろいろな情報を得ることができます。

また派遣や専門サイトですと、自分の希望の条件を伝えると、極力希望にそった条件の仕事を提供してくれます。

短期で仕事を探しているという人の主な理由は、

・自分のライフスタイルに合わせて仕事をしたい
・次の仕事が決まるまでの間だけ働きたい
・キャリアアップを目指している

など、いろいろな理由がありますよね。

他に短期で働く場合は、煩わしい人間関係から解放されるというメリットもあります。

以前正社員として介護職で働いていた時に人間関係で辞めてしまったという人も、短期間であれば働く日数も決まっているので割り切って働けるのではないでしょうか。

またいずれは正社員として働きたいと思った場合にも、短期でいろいろな介護の仕事を経験できたら自分に合った仕事を見つけやすくなりますね。


介護の現場の特徴

介護の現場の特徴に、医師と看護師のように明確に役割が分れていない場合が多い。という点があります。
例えば所長が入浴介助をする、管理者がケアのコマ入るということも多いでしょう。
大切なのは“なぜそうしているのか”を理解すること!
そうでないと「現場だけでも大変なのに、色んなことが増えるのはムリ!」とマイナス思考になってしまいます。

自分の仕事を一生懸命やろうとすると、視野を広く保つのは難しいですが、長期的なキャリア形成のためには早くから職種の役割を理解し、チーム力を身に付けたいですね。
医療の現場と異なり“完治”“快復”というゴールがない分、深く関われば関わるほどに「もっと何かできないか」と探したくなります。

今はまだ先のことが考えられない・・・という方も、将来を見据え、自分に向いていそうな役割を探して挑戦していきませんか?

このページの先頭へ