ケアハウスの就活で悩んでいるあなたに!
ケアハウス就活求人状況

  • 就活ケアハウス求人!共に働いて頂ける方を募集

    ケアハウス画像

    高齢化社会が進む中で、介護の問題はさけては通れません。

    少子高齢化により、高齢者の数が年々増え、ケアハウスがたくさんでき、それを担う介護士の数も不足がちです。

    これから日本の10年20年後の将来には今の2倍以上の介護職員が必要であるという試算がだされています。

    ケアハウスの求人はどの都道府県でも他の業種と比較すると多いほうです。

    また、都道府県別に比較するとケアハウスの有効求人倍率はやはり首都圏で高い傾向にあり、北海道や東北、九州は低いです。

    ケアハウスにおける介護士の役割は非常に大きく仕事は大変ですが、そのぶんお年寄りやそのご家族から感謝されとてもやりがいのある仕事です。

    ほかの業種より求人が多いので就職・転職するする際も自分の合ったところをいろいろ選べ就活に有利に展開できると思います。

    あとは、根気よくがんばれば、努力は報われますし、何よりもお年寄りと接することが好きな人やコミュニケーション能力が高い人が向いていると思います。

    あなたの就活でケアハウスの求人に対する条件は?

    給与や待遇も大切な条件ですよね。

    ケアハウスの就活で悩んでいることがあるなら直ぐに問い合わせてみてください。

    求人登録

ケアマネージャー就職先選び方

カイゴジョブ申込み


一宮市訪問介護の職場選びは慎重に
同じケアマネージャーの職場でも、事業所によって、仕事の内容、働く環境でまったく違います。

自分に合った職場を選ぶのはとても重要です。

その職場にどんな上司や同僚がいるのか、どんな問題があるのか、細かいことは働いてみないと分からないものです。

しかし、事前に把握できることもあります。

求人票には、採用条件、給料や福利厚生、社会保険の加入の有無、勤務時間が一般的に書かれています。

また、事業所の概要はインターネットやそこの事業所のパンフレットなどで確認できます。

ただ、この事前に把握できる内容だけで本当にあなたの望む職場選びが出来るのか?

介護の現場と繋がりがある就職・転職の専門家なら、もっと重要な情報を持っています。

介護支援専門員の勤務先

介護支援専門員(ケアマネージャー) とは

【仕事の内容】
本人の希望を交えて、介護サービスの利用方法や種類などをコーディネートするお仕事

①65歳以上の介護が必要だと申請した方の状態を確認し、介護認定を行う
②介護(支援)認定された方に必要な介護を考え、プランを作る
③作成したプランに必要なサービスの連携をとる
④家族やかかりつけ医と連携をとり、ご利用者本人の状態を把握する など

【勤務場所】
居宅・小規模多機能・特別養護老人ホーム(特養)・包括

【必要な資格】
介護支援専門員

介護の転職・就職を全力でサポートします。

一緒に、面接で話す内容を整理しましょう

【1】再就職にあたって、譲れないことは何でしょうか。(希望・条件)

  • 福利厚生がしっかりしているところがいい。
  • ご主人の扶養内でお仕事したい。
  • 子供が小さいので5時までがいい。
  • 保育園や家から近い方がいい。
など様々だと思います。

【2】次に、介護施設で働く意欲は何でしょうか。(動機・目標・提供できるもの)

  • 研修が充実していて、知識をたくさん学べること。
  • 現場の雰囲気がアットホームでぎすぎすしていないこと。
  • 施設長の介護に対する考え方に共感できること。
  • これからますます必要となる介護について学んで、将来は自分の施設を作りたい。
  • おじいちゃん、おばあちゃんが今まで生きてきた経験にふれて、これからの人生を楽しくするためのサポートがしたい。
  • お給料がいいこと。
  • 経験が積んで、資格が取れるようになりたい。

希望条件・意欲を叶えるパート求人、必ず見つかります。

介護の現場の特徴

介護の現場の特徴に、医師と看護師のように明確に役割が分れていない場合が多い。という点があります。
例えば所長が入浴介助をする、管理者がケアのコマ入るということも多いでしょう。
大切なのは“なぜそうしているのか”を理解すること!
そうでないと「現場だけでも大変なのに、色んなことが増えるのはムリ!」とマイナス思考になってしまいます。

自分の仕事を一生懸命やろうとすると、視野を広く保つのは難しいですが、長期的なキャリア形成のためには早くから職種の役割を理解し、チーム力を身に付けたいですね。
医療の現場と異なり“完治”“快復”というゴールがない分、深く関われば関わるほどに「もっと何かできないか」と探したくなります。

今はまだ先のことが考えられない・・・という方も、将来を見据え、自分に向いていそうな役割を探して挑戦していきませんか?

このページの先頭へ