ケアハウスの就活で悩んでいるあなたに!
ケアハウス就活求人状況

  • 就活ケアハウス求人!共に働いて頂ける方を募集

    ケアハウス画像

    高齢化社会が進む中で、介護の問題はさけては通れません。

    少子高齢化により、高齢者の数が年々増え、ケアハウスがたくさんでき、それを担う介護士の数も不足がちです。

    これから日本の10年20年後の将来には今の2倍以上の介護職員が必要であるという試算がだされています。

    ケアハウスの求人はどの都道府県でも他の業種と比較すると多いほうです。

    また、都道府県別に比較するとケアハウスの有効求人倍率はやはり首都圏で高い傾向にあり、北海道や東北、九州は低いです。

    ケアハウスにおける介護士の役割は非常に大きく仕事は大変ですが、そのぶんお年寄りやそのご家族から感謝されとてもやりがいのある仕事です。

    ほかの業種より求人が多いので就職・転職するする際も自分の合ったところをいろいろ選べ就活に有利に展開できると思います。

    あとは、根気よくがんばれば、努力は報われますし、何よりもお年寄りと接することが好きな人やコミュニケーション能力が高い人が向いていると思います。

    あなたの就活でケアハウスの求人に対する条件は?

    給与や待遇も大切な条件ですよね。

    ケアハウスの就活で悩んでいることがあるなら直ぐに問い合わせてみてください。

    求人登録

ケアマネージャー就職先選び方

カイゴジョブ申込み


豊川市デイサービスの職場選びは慎重に
同じケアマネージャーの職場でも、事業所によって、仕事の内容、働く環境でまったく違います。

自分に合った職場を選ぶのはとても重要です。

その職場にどんな上司や同僚がいるのか、どんな問題があるのか、細かいことは働いてみないと分からないものです。

しかし、事前に把握できることもあります。

求人票には、採用条件、給料や福利厚生、社会保険の加入の有無、勤務時間が一般的に書かれています。

また、事業所の概要はインターネットやそこの事業所のパンフレットなどで確認できます。

ただ、この事前に把握できる内容だけで本当にあなたの望む職場選びが出来るのか?

介護の現場と繋がりがある就職・転職の専門家なら、もっと重要な情報を持っています。

生活相談員の勤務先

生活相談員 とは

【仕事の内容】
その人らしく過ごすための社会的サポート全般を行うお仕事

①利用(入所)のための相談や面談
②入所者(ご利用者)の相談に対し、具体的な援助計画を立てたり、手続きを行ったりする
③家族⇔施設、行政と連携し、問題の解決を図る
④ケアマネと利用者の連携を図る など
※日々の業務では、現場の介護職業務、相談員業務が1:1の割合のところが多いようです。

【勤務場所】
訪問介護事業所

【必要な資格】
介護福祉士(国家資格)・実務者研修修了者(厚労省の認定資格)・保健師(国家資格)・看護師(国家資格)・旧介護職員基礎研修(厚労省の認定資格)・旧ヘルパー1級(民間資格) など

介護士パート求人から読み取れること

介護士パート求人に限らず仕事を探す場合には、ネットで求人サイトを調べたり、ハローワークや求人誌などを見て探すという場合が多いですよね。

フリーペーパーや新聞の求人欄をご覧になる方も多いかも知れません。

それらを見ていると、何度も同じ施設や会社などの求人が出ている場合がありませんか?

「これ前もここの求人が出ていた」と日付が過ぎても頻繁に求人募集がされている場合は、その施設などでの離職率が高い可能性もあるようです。

現在、介護職員はどこも人材が不足している状態ですので、資格が無くても働けるという所も少なくありません。

いわゆる「売り手市場」という状態ですから、求人ニーズの方が高い状況で、転職回数が多くても仕事が見つかる状況なんだそうです。


介護職で勤務するという場合、これからも介護施設などで仕事を続けていこうと考えている場合には、介護職員初任者研修を持っている方が良いですね。

またゆくゆくは正社員になりたいという場合には、介護福祉士の資格を持っていると転職などにも有利になってきます。

実際、介護スタッフとして働きつつ、資格取得のための勉強をされている方も多いです。


介護の現場の特徴

介護の現場の特徴に、医師と看護師のように明確に役割が分れていない場合が多い。という点があります。
例えば所長が入浴介助をする、管理者がケアのコマ入るということも多いでしょう。
大切なのは“なぜそうしているのか”を理解すること!
そうでないと「現場だけでも大変なのに、色んなことが増えるのはムリ!」とマイナス思考になってしまいます。

自分の仕事を一生懸命やろうとすると、視野を広く保つのは難しいですが、長期的なキャリア形成のためには早くから職種の役割を理解し、チーム力を身に付けたいですね。
医療の現場と異なり“完治”“快復”というゴールがない分、深く関われば関わるほどに「もっと何かできないか」と探したくなります。

今はまだ先のことが考えられない・・・という方も、将来を見据え、自分に向いていそうな役割を探して挑戦していきませんか?

このページの先頭へ