全国の綺麗なケアハウスの求人・就活情報

  • ケアハウスで共に働いて頂ける方を募集

    ケアハウス画像

    全国に新しくオープンしたケアハウスで共に働いて頂ける方を募集しております。

    ケアハウスを共に支えてくださる方・明るく楽しくお仕事をしませんか?

    利用者との関わり合いで、新しい自分を発見できるチャンスです。

    全国には、沢山のケアハウスがありますが、最近では常に新しい事に挑戦する前向きなケアハウスも増えて、働く方も共に成長していけるような環境を整えています。

    また、利用者により良い介護を提供する為、月に一度程度のスタッフミーティングを行っていたり、働く方にも安心と安定をモットーに働きやすい環境作りにも力を注いでいるケアハウスが多数あります。

    お仕事を通じて、新しい自分を発見しましょう。きっと今とは違う新しい考え方を手に入れることが出来ます。

    ケアハウスの求人を探している方、介護について詳しく勉強していきたい方、自分磨きをしながらお仕事をしたい方、 就職や転職に悩みが多いと思います。

    全ての悩みを解決できるケアハウスの求人募集サイトがあります。

    是非、あなたのケアハウスの就活にお役立て下さい。

    カイゴジョブ申込み

就活ケアハウス求人の悩み

ケアハウス画像
  • 平日に面接時間が確保できず、活動が長引いています…。
  • 半年、転職活動をしても転職先が決まりません…。
  • どの施設も同じに見えて、応募先が選べません…。
  • スケジュール管理がうまくできず、複数社の面接が重なってしまいました。
  • 転職活動中であることが上司にばれてしまい…。
  • 内定をもらいましたが、もっとよい施設がありそうな気がして…。
  • 転職後すぐに、採用職種以外の仕事も担当することになってしまいました…
  • 早く転職先を決めたいあまり、希望よりも低い給与提示を承諾し…。
  • 転職成功かと思いきや、また新たな不安が生まれて…。
  • 待遇に惹かれてしまい、本来の目的が達成されませんでした…。
  • 条件はOK!しかし社風になじめなくて…。
  • 「できます!」と見栄を張ってしまいました…。
  • 以前の施設の方がよく思えてきて、戻りたいです…。
  • 似た職種だから未経験でもやれる!と甘く見ちゃいました…。
  • 雇用条件を確認せず、内定に飛びついてしまったんです…。
  • たくさん情報を集めて入社したつもりでしたが、やっぱり合わなくて…。

一人で就活をすると、このような悩みを抱える方が実に多いです。
悩みや不安無く就職・転職の就活をするならコチラをご活用ください。

カイゴジョブ申込み

あなたが求めるやりがい・働きがいとは?

一口に「やりがい・働き甲斐」と言っても、その内容は人それぞれです。

  • 自分の能力を発揮できて、かつそれに見合うお給料をいただけること。
  • お給料は平均的にあればいいが、経験が積めること
  • 職場の雰囲気がよく、連携が取れているので自分のモチベーションもあがること

あたながどれだけ意欲を持っていても、法人や施設・事業所の理念や運営の在り方に不満があれば、働き甲斐は感じられません。また、あなたの能力も発揮しにくくなります。

就職・転職をする際にあなたがどんなことに喜びを感じるか、自分がやりがいを感じるときはどんな時かをまず考えてみましょう。


あなたが見たことのない、お給料のいい介護施設の求人があるかもしれません。


計画作成担当者の勤務先

計画作成担当者 とは

【仕事の内容】
施設サービスの中で、本人の希望を交えて、サービスを組み立て、現場業務を通じてモニタリングをするお仕事

①施設サービスの計画をたてる(自施設利用者の介護計画を作る)
②利用者・家族⇔施設スタッフの調整を行う
③提供するサービスの観察、調整を行う
④家族・かかりつけ医と連携を取り、ご利用者本人の状態を把握する など

【勤務場所】
有料老人ホーム・グループホーム(GH)

【必要な資格】
介護支援専門員
※GHの場合は「認知症介護実践者研修」終了者であることが必須です。

介護の現場の特徴

介護の現場の特徴に、医師と看護師のように明確に役割が分れていない場合が多い。という点があります。
例えば所長が入浴介助をする、管理者がケアのコマ入るということも多いでしょう。
大切なのは“なぜそうしているのか”を理解すること!
そうでないと「現場だけでも大変なのに、色んなことが増えるのはムリ!」とマイナス思考になってしまいます。

自分の仕事を一生懸命やろうとすると、視野を広く保つのは難しいですが、長期的なキャリア形成のためには早くから職種の役割を理解し、チーム力を身に付けたいですね。
医療の現場と異なり“完治”“快復”というゴールがない分、深く関われば関わるほどに「もっと何かできないか」と探したくなります。

今はまだ先のことが考えられない・・・という方も、将来を見据え、自分に向いていそうな役割を探して挑戦していきませんか?

このページの先頭へ